ダイニチファンヒーターBlue Heater の修理(後半)電磁ポンプの修復方法

前回紹介したこれまでの経緯:

FHY-32GS7から電磁ポンプをはずして、FW-363Lに装着したところ、正常動作 を確認することができた。FHY-32GS7に使われる電磁ポンプのリード線は短め だったため、2本のケーブル延長を行いFW-363Lに装着した。

 

ケーブル延長に使用したブレッドボード用のジャンパーワイヤ
以前にamazonで購入したもの。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ここまでくれば、最悪でもパーツ交換すれば故障した FW-363L は甦る。
ダイニチ発表のパーツリスト:

http://www.dainichi-net.co.jp/~hanbai/after-partslist/partshtm.htm

 

をみれば、電磁ポンプは部品 2000円(税抜)として存在しているようで、メーカーに在庫があれば近所の電気店やホームセンターでも取り寄せて もらえることが確認できた。

 

一安心して、

 

ダメもとで電磁ポンプの修復をしてみたくなった。

電磁ポンプの写真(本体から取り外し、フィルターとリード線を外した状態)フィルターは簡単に外れる

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

何度も目視で確認するが、ゴミらしきものも存在していないし、壊れている 様子もなし。試しにポンプとして動作するのかどうか確認してみる。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

写真の赤〇と青〇にDC 6V を加えてみる。極性も入れ換えてみるが、動いて いる様子はない。恐らく DC 12V くらいで動くのではないかと思い、手元に あったノートパソコン用の電源DC16Vを一瞬加えて離してみる。
(青〇にプラス極、極性を入れ換えてもほぼ同じ動作)

何とポンプに残った燃料が写真左方向のパイプから勢い良く飛び出す。何度か試したが、電源を一瞬 加える度に燃料が飛び出す。

実のところ、極性は良くわからないが、ポンプとしては動作するようだ。 写真の赤〇と青〇間の抵抗値は実測で約57Ω、DC 12V を加えるとコイルに 流れる電流は計算上、12/57=約200mA となり、この程度の電流で壊れること はないだろうと判断。この電磁ポンプにパルス状の電圧と加えることで 連続運転させるのだと思う。

電磁ポンプに実装されている抵抗は約8Ωで、FHY-32GS7に実装されていたもの とは異なるが、この直列抵抗を介して実測される抵抗値はどちらも約57Ωと 一定値を示すことから、製造時のコイルのばらつきを抑えるための調整用の 抵抗と考えることができる。

さて、前置きが長くなったが、問題はこのポンプのいったい何が悪いのか?

前述のことから、電気的には問題なさそうだし、あとは機構上の問題がない のか確認してみることにした。

写真に示した通り、つま楊枝を挿入して矢印の方向にピストン運動させる。

ポンプに残った燃料が勢いよく飛び出すのが確認できた。

たらいに水を張り、楊枝を挿入したまま(楊枝を挿入したほうを下に)水に 浸して楊枝をピストン運動させてみる。すると昔やった水鉄砲のように水が勢いよく飛び出した。

これを20回くらいやって、引き上げてから最後に完全に水がなくなるまで ピストン運動を繰り返す。(これでポンプのゴミ出し、掃除ができた)

ゴミ出し、掃除をした電磁ポンプを本体に装着。

何と全く問題なく動いてしまった!

 

【考察】
この作業をする前、ポンプ内には燃料が残っていた。燃料に多量の水分を
含んでいた可能性は高い。ポンプのゴミ出し、掃除はしたが、ゴミという より、多量に混入した水の影響が大きいのではないかと思う。
これを全て吐き出して新たな石油を循環させることで正常に戻ったのでは ないかと思う。

すなわち、ストーブ本体のタンク内に水が混入した場合、全ての燃料を スポイトで吸い取ったつもりでも、電磁ポンプ内に残っている場合には 「正常運転できない」ということなのだろう。ファンヒーターは水に弱い と肝に銘ずるべきか。

ファンヒータの場合、水が混入して燃焼できない状態がほんの少し続いた だけでも、燃焼センサーにかかって、安全性を考慮して運転を停止する しくみになっているのだ。エラーコード E02着火ミス

ファンがない旧式のストーブであれば起こらなかった問題ではないか。

これはやってみないと分からないことであるが、ポンプ内に水が混入した 場合でも、そのまま放置して水分が抜けて1年後に正常に戻ることがある かもしれない。

我が家の冷蔵庫の例では、製氷機が故障、2年後に自然復旧した経験がある。
冷蔵庫なので、製氷部分に水を送るパイプが凍結して水の供給経路が遮断 されたと考えられる。

ダイニチファンヒーターBlue Heater の修理(前半)エラーE02で着火できず

ほぼ10年使った我が家のダイニチファンヒーターの機種名はFW-363L。E02というエラーがでてどうしても着火することができない。10回は 試したが、残念ながら、回復せず。

 

聞けば、昨晩、灯油タンクに残った最後の溜まり石油を給油したとか。 実は、灯油タンクの底には昨年来の雨による水が溜まっていた可能性が 高く、その影響で着火できないのではないかと疑った。

 

早速、ファンヒーターから全ての燃料を抜き取り、新しい石油を補充する も症状に変化なし。相変わらずE02というエラーがでて着火できない。

 

抜き取った燃料をペットボトルに移して確認すると、明らかに水が下に 沈み、石油と分離している様子が見えた。水が入ったことは間違いない。

 

燃料を補給し直しても残念ながら回復しないということか。

きっと他に原因があるはず。。。。

中を開けてみることにした。

前面パネルを解放したところ:青マルが気化器の位置、赤マルが電磁ポンプの位置

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

気化器の部分をアップ

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

電磁ポンプの部分をアップ

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

ググってみると、様々な症状があるようで

①火花が出ない又はヒーターが赤くならない
②火花又はヒーターが赤くなるが着火しない
(又はほんの少しだけ着火するがすぐ消える)
③着火後すぐに消え、エラーが出て停止

我が家の場合は②で、FW-363Lはヒーターが赤くなることで、着火させる方式をとっている。我が家にはもう一台 FHY-32GS7 というダイニチ製品があり、これは火花が飛んで着火するタイプになっている。

いずれにせよ、着火できない理由がわからない。E02というエラー対策としてネット上には様々な対処方法が紹介されている。

A.炎検知器(フレームロッド)を紙ヤスリで磨く
B.気化器を分解してニードルに付着する炭素を取り除く
C.電磁ポンプのゴミを取り去る
等々

詳細はググって頂ければいくらでも実施例がでてくるので、ここでは省略。

まずはA.を試すことにした。フレームロッドの先には、かなりのシリコンが付着しており、紙ヤスリでは取り切れず、金属を磨くヤスリで念入りに付着したシリコンを取り除く作業を実施。→結果、症状に変化なし。

次にB.の作業に移った。気化器の取り外しと分解に手間取ったが、youtubeなどでも紹介されているので、お手本通りに清掃を実施。かなりの炭素が付着していたので、これで治るはず!と思ったが。。。→結果、症状に変化なし。

最後にC.の作業。電磁ポンプは難なく取り外すことができたが、燃料の入り口にも出口にもゴミの気配なし。

八方ふさがりで諦めかけたが、翌日また気を取りなおして再開。

我が家にはもう一台 FHY-32GS7 というダイニチ製品があると述べたが、ダイニチが公開している部品表を見ると、FW-363LもFHY-32GS7もほぼ同じパーツが使われていることが判明。

気化器と電磁ポンプを交換してみることにした。

気化器の写真

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

FHY-32GS7から気化器をユニットまるごとはずして、FW-363Lに装着。
→結果、症状に変化なし。

次に、

FHY-32GS7から電磁ポンプをはずして、FW-363Lに装着。
→結果、何と正常動作を確認!

悪いのは電磁ポンプだった!!

次回につづく。。。

 

NTTフレッツ光 宅内の光ケーブルを犬に噛まれて切断

ある日、気が付けば光ケーブルが切断!生まれて間もない子犬にやられて しまった。犯人はこいつ。可愛い顔してやることだけはやってくれる。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

切断されたのは、 SCコネクタ付きのケーブルで光コンセントからONUに接続されている。 ONUは、光電話機能付きRR-S300SE というのを使っている。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

 

ネットで調べてみると、修理代7800円+部品代がかかるらしい。ケーブル だけ交換すればいいのに、部品だけの販売はしていないとか。

暫くは、SIMフリーのスマホ経由でパソコンからのネット接続はテザリングで 間に合わすとして、NTTに電話するのはやめにした。やはり、1万円の出費は困る。

要は、SCコネクタで繋がる光ファイバーケーブルを探せば良いわけで、ネットで 検索してしてみると、安いのから高いものまで値段もいろいろ。

結局、amazon で、光ファイバー 延長 ケーブル SC-SC 延長アダプタ付 (3m) を 送料込みで360円で購入。中国製で怪しいと思ったが、使ってみれば問題なし。

このケーブルはシングルモードファイバー対応なので、マルチモードには対応 していないようだ。我が家のONUはシングルモードでラッキー。

ということで一件落着。

噛み切られたケーブルは解約時に返却すればOKでしょう!きっと。セロテープで 繋いだし。(笑)

また噛み切られたら困るので、ケーブルカバーを設置。以前は光ケーブル丸出し。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

シャープ液晶テレビ LC-37BD1W の熱問題で画面が映らない

既に10年近く使った我が家の液晶テレビが、突然、画面に変な文字が出て映らなくなった。

音声は普通に聞こえるようだ。電源を消し、しばらくして電源を再投入すると何故か正常な状態に戻る。しかし、20-30分すると画面が映らない状態が再現する。

テレビの上サイド面にかなりの発熱があるようで、画面が映らない時に触ると熱くて触れないくらい熱を持つ。電源を消し、冷やせば正常に動作する。

それでは、ということで、テレビの裏カバーを外してみることにした。

発熱部はチューナーの部分であることが判明。裏カバーを外した状態では、放熱効果が上がり以前よりも長く正常な状態を保持する。が、1-2時間もすれば画面が映らない状態が再現。

パソコンのCPUほどではないが、チューナー上に発熱するICがあり、アルミの放熱板がかぶさっていて、その接触面に塗るシリコン系のグリースが経年変化で硬化したのではないかと思われる。

放熱板を外すことができれば手持ちのグリースもあり、修理可能と思われた。

残念なことに、ネジを外せるところまで外してみたが、放熱板までたどり着けず、これ以上頑張ると壊してしまいそうで、やむを得ず、別の放熱方法を考えてみることにした。

用済みになったパソコンのCPUファンをチューナー付近に仮設置して強制空冷を行ってみた。

発熱している放熱板めがけて風を送ると放熱効果は完璧の様子。画面が映らない状態は解消した。

暫くこの状態で使っていたが、裏カバーは取り外したままで毎回ファンの電源を入れなければならないという非常に面倒な状況にうんざりした家族から「このまま使うの~」という不満の声に応えて温度センサーを備えた自動放熱ファンを自作することにした。

テレビ内部から12Vの電源がとれればファンをつなぐだけ終わるのだが、回路図もなく、よくわからないので、12VのACアダプターを使ってFANのON/OFFはリレー付きの温度センサーを使うことにした。

使った部品は、手持ちの12VのACアダプター(12v 500mAH)、リレー付きの温度センサーをamazonで購入(送料込み250円)、FANは用済のパソコンのCPUファン。合計250円。

温度センサーの回路構成は以下の図の通りで、36℃でスイッチON、35℃でスイッチOFFになるようプログラムしてある。(温度センサーのキースイッチでプログラム可能。

(回路図)
fan001

テレビの電源投入直後ではFANは回転せず、温度上昇とともにFANが回転。テレビの電源を切ると 暫くはFANが回転しており、20分程度で本体が冷えるとFANが自動停止するような動きになる。

テレビの裏カバーを外した様子。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

以下の写真はTVにFANと温度センサーを取り付けた様子を示す。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

FANは2個設置してある。チューナーの放熱目的で1つ。それから、もう一つは液晶パネルの温度上昇が気になったので、液晶背面板にもう一つ、ヒートシンク付きFANを放熱接着剤で貼りつけ、実装してみた。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

FANは両面テープを使い、斜めに実装。両面テープの余った部分にはホコリ吸着防止のためアルミ箔でカバー。チューナーの放熱FANは少々音が大きめだったので、DC/DCコンバータで12V→8V程度に最終調整、静かになった。(放熱効果は問題なし)

背面カバーも取り付け、元通りに戻した。動作は良好だ。

これであと5年くらいは使えるだろうか。。