アメリカでのドライブは右側通行。左折には注意

アメリカでのドライブは右側通行。簡単なことだが、はじめて運転するときには体がついていかないことが多い。基本的なところでは左座席が運転席、左ハンドル、右側にあるシフトレバーそして方向指示器が左側。アメリカでの運転に慣れ帰国すると、方向指示器と間違えて、ついワイパーを動かしてしまう。

inter01

 

左折するときには要注意だ。センターラインを超えて反対車線に出てから左折しなければならないが、日本での運転に慣れていると手前の斜線で左折してしまうことがある。一方通行を逆走している状態に陥ってしまう。理屈では判っていても非常に間違え易いから、左折するときには意識的に注意を喚起するようにしたほうがいい。

以前に次のような体験をしたことがある。レンタカーをピックアップした直後、夜も既に深まっており、通行車両もない中で左折を完了して暫く走っていた。すると、前方からヘッドライトの光とともに車が近づいてきた。何が起こったのが判らなくなって、車を左側に寄せて急停車した。(ここでも左側に寄せるくせがでている)前方から来た車は走り去ったが、この時点でやっと自分が逆走していたことに気づいた。そのままUターンをして事なきを得たが、後で考えるとゾッとする一場面である。

二車線レーンでは、当然右側が走行車線で左側が追い越し車線になる。左折する場合は左車線に移動してから左折するのが正しい左折方法だ。これを守らず警官に見つかると違反切符を切られるから注意しよう。右車線から急激に車線変更して左折してしまった友人が直後にいたパトカーに見つかり、違反切符を切られたことがある。帰国直前、レンタカーを返却するのに空港へ向かう途上での出来事だった。最後の最後で気を抜いてしまい、楽しい旅もトホホで終了するはめに。

 

highway01

車線変更での注意点をもうひとつ。ハイウエイを走っていると遅い車を避けたり、道が分かれたりするので、車線を変更しなければならないことが度々ある。特に、右車線に移動する場合は慎重に行おう。バックミラーから見えない死角があるので斜め右背後を走行する車に気づかない場合がある。自分の左側を走行する車は比較的察知し易いが、右側の場合は若干振り返って確認しておいたほうがいい。この点でも日本とは左右が逆転するから、車線変更する場合、意識的に注意を喚起したい。私の経験として、車線変更時に危うく死角にいる車に衝突しそうになったことが度々ある。相手が避けてくれたので事故には至らなかった。もし自信がなければウインカーを出してから少し時間をおいてゆっくり車線変更することだ。死角にいる相手は、前を走行する車はよく見えているのだから。

ルールを守って正しく運転すれば事故に遭う確率は大幅に減少するはずだ。まっすぐ走っていれば事故は起きにくいが、車線変更時には要注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です